痛風って何?初期症状から対処の仕方、未然に防ぐには?

痛風対策にはどうしたら良いのか?

痛風と聞くと激痛が走るというイメージとビールを飲みすぎるとなるというイメージがあります。ですが、実際に痛風になる人というのは脂肪の過剰摂取によっても起きます。

ですが、多くの方は脂肪の過剰摂取によって起きる事としてまず考えるのが肥満症です。そのせいで脂肪の過剰摂取で痛風になるというイメージが湧きにくいとうのがあります。

でも、実際は脂肪の過剰摂取によっても痛風になります。なので、脂肪の過剰摂取によって痛風にならないためにも具体的に対策を行う必要があります。そのためにおすすめなのが痛風サプリメントというよりは脂肪の吸収を抑えるサプリメントの服用です。

以前は脂肪の吸収を抑えるサプリメントを購入するのは購入が難しいイメージがありましたが、今はインターネットで簡単に購入できるので今現在脂肪の摂取量が多いと感じているなら痛風になる前に脂肪を体外に排出するサプリメントを使って対策をされる事をおすすめします。

それで痛風になって痛い思いをしなくても良くなります。

 

痛風の初期症状とはどんなもの?

贅沢するとなると昔は言われていた痛風ですが、専門的な言い方をすると高尿酸血症といいます。

読んで字のごとく、血液中に尿酸という値が多く含まれるもので初期症状としては足の親指付近の痛みです。歩くのも支障が出るくらいの痛みです。

この症状が数日続きますが、10日するかしないかで落ち着きます。その後は治ったわけではなく少しずつ時間をかけて体の中を蝕んでいくわけです。

ひどくなると名前の通りに風が吹くと痛むものになるそうです。そして腎臓などの臓器の負担にもなり、腎不全などを引き起こすようになる怖い病気です。

さて、では痛風にならないためにはどうしたらいいかですよね。答えはバランスを意識した食事内容を心がけることです。

そして痛風によって作られる結石を体の外に排出するためにも水分をたくさんとりましょう。水などよりは緑茶を摂ることで利尿作用が働きおしっことして結石が排泄されます。

運動習慣もないよりはあるにこしたことはありませんのでウォーキングなどの軽い運動を続けていきましょう。

 

痛風の為の受診と証明に関する注意点

人体には、たまに激烈な痛みが生じる事があります。時には親指などに対して、強烈な痛みが生じる事もあるでしょう。いわゆる痛風です。風が吹いただけでも痛いので、そういった名前が付けられている訳です。

そういう場合は、もちろん病院などで受診する選択肢はあります。現にそれで、痛みが解消するケースも多々あるのです。病院にて受診する場合には、負担が気になる事もよくあります。病院で治療を受ける時には、お金を払う必要はあるのです。無料ではありません。

しかし書類によっては、負担金額を減少できる事があります。そのために、事前に証明を準備しておく必要もあるのです。例えば、保険証です。医療費の一部が負担される証明書になりますが、やはりそれがあるだけでも、随分と金額が変わってくるのです。

そして証明書を忘れてしまいますと、後になって大きな手間が生じる場合があります。それを防ぐためにも、病院に行く前に書類は準備しておくべきでしょう。

 

にんにくは殺菌力が強力です

にんにくは中国料理の前菜などによく使用されていますし、料理とともににんにくを生でかじることもあります。その理由はにんにくの有効成分であるアリシンには強力な殺菌力があるからです。アリシンの抗菌、殺菌力はチフス菌やコレラ菌、サルモネラ菌など様々な病原菌を殺菌、抑制することが知られています。

また胃潰瘍の原因菌とされているピロリ菌に対しても有効であると言われています。その効能は体内だけでなく、皮膚の細菌やウイルスにも効果を発揮すると言われています。生のにんにくと加熱調理したにんにくでは生のにんにくのほうが抗菌、殺菌力が強いといわれています。しかしにんにくの抗菌、殺菌効果が強力なので副作用が起こる可能性もあります。

にんにくの殺菌効果で善玉菌である腸内細菌を殺してしまうこともあります。善玉菌が減少すると腸内環境が悪くなってしまうので、消化不良や胃痛を起こしてしまうこともあります。生のにんにくを大量に食べると起きる可能性があります。加熱したにんにくだったら問題ありません。
女性はにんにくの効果を知っていても敬遠することもあるでしょう。そんな時はにんにくサプリがあります。